「キリスト教」をアクセスポイントとして、世界・歴史・芸術・文化の諸相を深く探究する。

立教大学大学院  キリスト教学研究科

宇井志緒利先生「内戦と虐殺の歴史を経て––カンボジアの社会変化とキリスト教会」(『福音と世界』2017年7月号)



本学キリスト教学研究科の宇井志緒利先生が、『福音と世界』(2017年7月号、新教出版社)に「内戦と虐殺の歴史を経て―カンボジアの社会変化とキリスト教会」という題で寄稿されました。


キリスト教学研究科の授業「フィールドワーク演習2」で毎年訪問しているカンボジアのキリスト教会について書かれています。


新教出版社のご好意により、許可を得て、PDFファイルにて論考を掲載いたします。

ご関心のある方、ぜひお読みください。


宇井志緒利「内戦と虐殺の歴史を経て––カンボジアの社会変化とキリスト教会」(『福音と世界』2017年7月号、p.6-11)

→ ダウンロード

1707表紙 初校

宇井志緒利先生「内戦と虐殺の歴史を経て––カンボジアの社会変化とキリスト教会」(『福音と世界』2017年7月号)