「キリスト教」をアクセスポイントとして、世界・歴史・芸術・文化の諸相を深く探究する。

立教大学大学院  キリスト教学研究科

【11/11】立教大学キリスト教学会・秋の講演会「かくれキリシタンの祈りの歌」


毎年恒例の立教大学キリスト教学会・秋の講演会のお知らせです。

今年度は、立教大学名誉教授の皆川達夫先生をお招きし、「かくれキリシタンの祈りの歌」についてご講演をいただきます。

学会会員、卒業生、修了生、また一般にも広く開いておりますので、お誘い合わせの上、ぜひお越しください。


立教大学キリスト教学会・秋の講演会
「かくれキリシタンの祈りの歌」

講師:皆川 達夫氏(立教大学名誉教授)


日時:2017年11月11日(土)15:00〜17:00(14:30開場)
   *遅れてのご参加はご遠慮ください。


会場:立教大学池袋キャンパス 14号館 3階 D301教室
    キャンパスマップはこちら→ダウンロード
   バリアフリーマップはこちら→ダウンロード


講演概要:
「かくれキリシタン」とは、徳川幕府によるきびしい弾圧下にキリスト教の信仰をすてたと宣言しながらも潜伏し、胸の内の信仰を今日までひそかに抱きつづけてきた人々である。とくに九州長崎県生月島の「かくれキリシタン」は、「オラショ」(ラテン語「オラティオ」〔祈り〕に由来)を、声に出して捧げる。本講演では、「かくれキリシタン」に歌い継がれてきた「オラショ」について論じ、『主の祈り』に相当する『ばちりのちり』などの日本語、訛化したラテン語を引用しながら、かくれキリシタンの祈りの歌を解明する。


講師略歴:
1927年東京生まれ。1951年東京大学文学部卒業、同大学院修了。2回にわたり約6年間アメリカ、ヨーロッパに留学。1993年に立教大学を定年退職し、名誉教授となる。専攻は中世・ルネサンス音楽史。著書に『洋楽渡来考 キリシタン音楽の栄光と挫折』ほか多数。NHK「バロック音楽の楽しみ」(1965年〜1985年)、同「音楽の泉」(1990年〜)で解説を担当。1978年にイタリア政府よりカヴァリエーレ勲章、2009年にNHK放送文化賞を受賞。2012年に国際音楽学会名誉会員の称号を受ける。


主催:立教大学キリスト教学会
   立教大学文学部キリスト教学科
   立教大学大学院キリスト学研究科


チラシはこちらから→ダウンロード

【11/11】立教大学キリスト教学会・秋の講演会「かくれキリシタンの祈りの歌」