「キリスト教」をアクセスポイントとして、世界・歴史・芸術・文化の諸相を深く探究する。

立教大学大学院  キリスト教学研究科

キャンパス 紹 介

池袋キャンパスのご紹介

■キャンパス紹介

キリスト教学研究科は立教大学の池袋キャンパスに位置しています。
日本有数のターミナル駅である池袋駅から徒歩7分という利便性の高い立地にも関わらず、蔦の絡まる古い赤レンガの建物に代表される静かで落ち着いたキャンパス風景が特徴です。
キリスト教学研究科の教員研究室と院生室は、2012年秋に完成したばかりの建物「ロイドホール」の5階と4階に位置しています。このロイドホールは地下3階から地上3階に池袋図書館が位置しているため、立教大学が誇る豊富なキリスト教関連書籍を必要な時にすぐに利用することが可能です。
池袋キャンパスの礼拝堂には2013年にティッケル社のオルガンが、チャペル会館のマグノリアルームには2014年にベッケラート社のオルガンが新たに設置され、教会音楽の設備が充実していることも大きな特徴です。

■池袋キャンパスの施設紹介動画

キャンパス紹介