「キリスト教」をアクセスポイントとして、世界・歴史・芸術・文化の諸相を深く探究する。

立教大学大学院  キリスト教学研究科

日本学士院にて、第11回日本学術振興会賞ならびに日本学士院学術奨励賞の授賞式があり、本研究科の長谷川修一先生が両賞を受け取られました。
今回は大学、研究所、学協会から推薦された339名のなかから25名が受賞者に選ばれ、さらにその25名から6名が選ばれ、日本学士院学術奨励賞の受賞にいたったそうです。長谷川先生はその6名のお一人でした。
写真

FrontPage